オースティン・マホーンについて。

オースティン・マホーンは、YouTubeセレブリティと呼ばれる動画投稿によって生まれた有名人の一人で、現在歌手として活躍している人物です。デビューして間もないにも関わらず、テイラー・スウィフトの「レッドツアー」やブリジット・メンドラーのサマーツアーのオープニングアクトに抜擢された実力の持ち主です。彼のファンは「マホーミーズ(マホーン+ホーミーズ)」と呼ばれていて、世界には約250万人ものマホーミーズが居るそうです。

プロフィール

1996年4月4日生まれ。身長175cm。アメリカ・テキサス州サンアントニオ出身です。イングランド、フランス、ドイツ、チェコの血を引いています。彼と音楽の出会いは、6歳のとき、地元テキサス州ラ・ヴァーニアの楽器店をぶらぶらしていた際に、ドラムセットにすっかり心を奪われてしまったのが最初だそうです。その後彼はドラムセットを母親にねだり、そしてその年のクリスマスにはプレゼントとしてドラムセットを手に入れました。ドラムは独学で覚え、ほかにもギターやピアノを弾くことができます。彼は色々なジャンルの音楽に影響を受けました。そのなかにはカントリー歌手のジョージ・ストレイトも含まれています。その他にもオープニングアクトを務めたテイラー・スウィフトやフロー・ライダー、マライヤ・キャリーのファンだそうです。音楽に目覚めたマホーンは、2010年からYouTubeへ動画の投稿を始めます。彼はドレイクやジャスティン・ビーバー、NE-YO,ブルーノ・マーズなどあらゆるアーティストのカバーを自分のページにアップしていきました。YouTubeのフォロワーはどんどん増えていき、その数は約55万人となりました。そして2012年8月28日、チェイス/ユニバーサル・リパブリック・レコードとの契約が成立し、デビューを果たします。ファーストプロモーション・シングル「11:11」はビルボードのトップ・ヒートシーカーズで19位を記録しました。発売当日にはイリノイ州オーロラのパラマウント劇場で初ライブを行い、大盛況となりました。2012年6月5日に発売された「Say Somethin」はビルボードのポップソングチャートで34位を記録。同年5月には「Q102 Springle Ballミュージックコンサート」、シカゴの「B96 SummerBash」、6月にはニューヨークでと次々にライブを行い、その全てのチケットが完売。その人気ぶりは社会現象とまで発展しました。ウォール・ストリート・ジャーナルでは「第2のジャスティン・ビーバー有力候補」に挙げられ、「2013MTV Video Music Awards」ではアリアナ・グランデとともにプレショーのパフォーマーに選ばれ、「What About Love」を披露し、最優秀新人賞にあたる「Artist to Watch」を獲得するなど、名実ともに人気者の仲間入りを果たしました。

日本での活動

マホーンは、2013年12月現在まで、2度の来日を果たしています。一度目は2013年6月1日で、東京・赤坂BLITZで初来日イベント「マホミ デラックス」を開催しました。二度目の来日は同年8月7日で、「お台場合衆国2013 めざましライブ」への参加でした。2014年1月には、東京・大阪・名古屋で初のライブツアーを予定しています。マホーンは二度の来日の際に2回とも千代田区の日枝神社を参拝しており、インタビューでは「日本のみんなが元気でいられますようにと祈ったよ」と答えています。日本では芸能プロダクションLDHのアーティストと交流があり、E-girlsやGENERATIONS from EXILE TRIBEと一緒に写った写真をツイッターなどで公開しました。また、来日した際に購入したキックボード付きキャリーバッグがお気に入りのようで、自身のインスタグラムのページに、それを操る様子を撮影した動画を投稿しています。そのコミカルな姿がマホーミーズの注目を集め、ペガサスバージョン・恐竜バージョンなど様々なフォトモンタージュが作られるなど話題となりました。

ディスコグラフィー

シングル

  • 2012年「Say Somethin」
  • 2012年「Say You're Just a Friend」
  • 2013年「What About Love」
  • 2013年「Banga Banga」

フューチャリングシングル

  • 2013年「Magik 2.0」・・・映画「スマーフ2」の挿入歌

プロモーションシングル

  • 2012年「11:11」
  • 2013年「Heart in My Hand」

日本独自の企画盤

  • 2013年「オースティン・マホーン 日本デビューEP」

世界のボーイフレンド

オースティン・マホーンはわずか17歳にして世界中から人気を集めるスーパースターになった男の子です。全世界のボーイフレンドといわれている彼ですが、とっても笑顔がかわいいですしパフォーマンスも一流で、そのキャッチフレーズにも納得です。こういう新人歌手が出てきて、可愛い男の子だなと思うようなると、なんだかすごく歳をとったなと感じます。昔はこういうアイドル的なアーティストには欠片も興味がなかったのに、最近では年下の男の子が自分の弟のように感じられて、応援してあげたい気持ちになります。そんな年齢による感傷を差し置いても、彼は魅力的でキュートだと思います。彼のYouTubeやインスタグラムを見ると、彼の無邪気で純粋な人柄が分かってすごく好きになるはずです。2度の来日で日本がお気に入りになったようですし、今後も沢山来日して日本のマホーミーズを喜ばせて欲しいです。