ブリジット・メンドラーについて。

ブリジット・メンドラーは、北米で活躍する女優です。子役のころからディズニー・チャンネルなどで活躍しており、2012年には歌手デビューも果たしています。自身のサマーツアーのオープニングアクトに、YouTubeで話題の新人オースティン・マホーンを抜擢し、話題となりました。

プロフィール

1992年12月18日生まれ。本名、ブリジット・クレア・メンドラー。アメリカ、ワシントンD.C.出身です。8歳のときに家族と共にサンフランシスコのミレバレーに引越しました。6歳の頃から作詞作曲を始めたという彼女は、サンフランシスコ・フリンジ・フェスティバルのパフォーマーに選ばれるなど、その音楽の才能を生かした活動をしていました。中学に入学する頃には、Maroon5やDestiny's Child、The Red Hot Chili Peppersといったアーティストに影響を受けるようになります。その後ロサンゼルスにて芸能活動を開始。2006年にドラマ「ジェネラル・ホスピタル」でデビューを果たします。その後ディズニー・チャンネルのドラマシリーズ「ジョナス」にゲスト出演、「ウェイバリー通りのウィザードたち」でデヴィッド・ヘンリー演じるジャスティンの恋人役を演じるなど、順調にそのキャリアを積み上げていきます。彼女がブレークしたのは、2010年にディズニー・チャンネルで始まった新シリーズ「グッド・ラック・チャーリー」のヒロイン、テディ役でした。その大人っぽい容姿と、演技力が話題を呼びました。2011年には、ディズニーチャンネルのオリジナルムービー「レモネード・マウス」で、将来への不安や両親からの期待と重圧に耐えながらも、仲間とロック・バンドを結成し、成長していく主人公オリビア役を好演しました。この映画では、バンド「レモネード・マウス」としてCDの発売も行われました。2012年秋にはメンドラー自身のデビューアルバムである「Hello My Name Is...」が北米で発売されました。このアルバムは、日本でも2013年の発売が予定されています。また、2012年に公開されたジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の北米吹き替え版では、アリエッティ役を演じています。

出演作

映画

  • 2007年「アリスは悩める転校生」・・・パメラ・ジョーンズ役
  • 2008年「ガール・フレンズ」・・・クリスティン・グレゴリー役
  • 2009年「リンジー・ローハンの妊娠宣言!?」・・・エマ・クレイヒル役
  • 2009年「アルビン/歌うシマリス3兄弟2」・・・ベッカ・キングストン役
  • 2011年「ビバリーヒルズチワワ2」・・・アポライン役
  • 2011年「レモネード・マウス」・・・オリビア・ホワイト役
  • 2011年「Good Luck Charlie, It's Christmas!」・・・テディ・ダンカン役
  • 2012年「借りぐらしのアリエッティ」・・・アリエッティ役

ドラマ

  • 2006年「ジェネラル・ホスピタル」
  • 2009年「ジョナス」・・・ペリー・ケン役
  • 2009年~2011年「ウェイバリー通りのウィザードたち」・・・ジュリエット・ヴァン・ヒューゼン役
  • 2010年~「グッド・ラック・チャーリー」・・・テディ・ダンカン役
  • 2011年「めっちゃ ソー・ランダム」・・・本人役

ディスコグラフィー

「レモネード・マウス サウンドトラック」収録曲

  • ターン・アップ・ザ・ミュージック
  • サムバディ
  • アンド・ザ・クラウド・ゴーズ
  • ディターミネイト
  • ヒア・ウィ・ゴー
  • シーズ・ソー・ゴーン
  • モア・ザン・ア・バンド
  • ドンチャ・ウィッシュー・ワー・アス
  • ブレイクスルー
  • リビン・オン・ア・ハイ・ワイアー

「Hello My Name Is...」収録曲

  • Ready or Not
  • I Forgot To Laugh
  • Top Of The World
  • Hurricane
  • City Lights
  • All I See Is Gold
  • The Fall Song
  • Love Will Tell Us Where To Go
  • Blonde
  • Rocks At My Window
  • 5:15
  • Hold On For Dear Love
  • Ready or Not - Extended Mixshow -Hook First
  • Qiucksand
  • Postcard

若干ハタチのスーパースター

アメリカ人の女の子って本当に大人っぽいですよね。彼女の写真を見たときも本当に年下か?と自分の目を疑うほどでした。日本人女性が幼いせいかもしれませんが、向こうの人はやっぱり違うなーと思わされます。そしてまた、彼女の歌う姿がカッコいい!ハタチとは思えないほどの色っぽさと貫禄があって、やはり小さい頃から芸能活動していただけあるなと関心します。でも、プライベート映像やミュージックビデオなどで同世代の子たちとはしゃいでいる姿をみると、やっぱり20歳なのねと安心したりして、そしてそのギャップがまたグッと来るわけです。日本盤のデビューアルバムは、まだ発売日が決まっていないようですが、早く手に取って存分に彼女の明るくポップな世界に浸りたいと願っています。