エリック・モングレインについて。

エリック・モングレインは、カナダ・モントリオール出身の作曲家・ギタリストです。ラップタッピングというギターの奏法で有名な人物で、自らYouTubeに動画を投稿したり、自身のウェブサイト上でファーストアルバム「Fates」をリリースするなど(ダウンロード販売のみ)インターネットを積極的に活用しているアーティストです。

プロフィール

1980年4月12日生まれ。カナダ・ケベック州モントリオール出身です。モングレインは14歳から独学でギターを弾き始めました。幼い頃の彼はスポーツに熱中していましたが、徐々にギターに対する興味を覚えるようになり、耳で聞きながらギターを習得していきました。最初はエレクトリックギターを使用していましたが、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの作品を聞き影響を受けて、クラッシック・ギターやアコースティック・ギターに傾倒するようになります。楽譜の読み方も独学で習得し、作曲も始めました。ギターを始めた当初は、メタリカ、ジミ・ヘンドリックス、カート・コバーンの作品の影響を受けていました。しかし、18歳のときにカナダのフィンガースタイル・ギタリストであるドン・ロスの作品を耳にして「僕は新たな発見をした。ついに自分の居場所をみつけたんだ」と語っています。その後モングレインは希有なテクニックを持つアメリカのギタリスト、マイケル・ヘッジスの影響を強く受け、ギターをひざの上に水平に寝かせて両手の指で叩く「ラップタッピング」を試し始めます。彼は通訳として働く傍ら、ヨーロッパの各国やアメリカなどで路上演奏者として活動していました。2001年5月18日付けのスペインのエル・パイス紙ではグラナダで路上ライブを行うモングレインが以下のように紹介されています。「グラナダを訪れる人々はなかなか上手い。時には素晴らしいミュージシャンに出会う。彼らはグラナダの街を純粋に心地よい場所に変える存在である。エリック・モングレイン、21歳もその一人である。通訳として働くこの若者は、伝統的な手法ではなく、キーボードのようにアコースティック・ギターを膝の上において演奏するのである」。その後、2006年にYouTubeにアップロードした自身のライブ演奏動画が、全世界で400万再生を突破する人気となり、デビューに至りました。

最近の活動

モングレインはアメリカ、カナダ、イギリスなどでライブを行っています。もともと路上ライブから活動を始めたため、コンサートやテレビに出演する一方、現在もまだ路上や地下鉄構内のライブを行っています。2006年12月にフルアルバムとなる「Fates」を自信のウェブサイトで一曲ずつ購入・ダウンロードできるシリーズとしてリリースしました。また、同年には北米で最大のフランス語新聞・モンレアル紙の取材を受けたり、ギター製造会社ギルドのカタログ表紙も飾りました。その他にも、ランス・トランブルが始めたエベレスト・ピース・プロジェクト(異なる信仰や文化を持つ人間が協力し合ってエベレスト登頂をめざす平和運動を兼ねた登山運動)のドキュメンタリー映画「Everest:A Climb for Peace」のサウンドトラックにモングレインの音楽が使用されるなど活動の幅を広げています。2007年にはダウンロード販売のみだったアルバム「Fates」がCDとしてリリースされました。また、同年の夏にはフランス、ベルギー、ドイツ、イギリスを中心にしたヨーロッパ・ツアーも行われました。iVideosongsダウンロード用に「Equilibrium」などの新曲4曲のビデオ・クリップを撮影し、コンサートの合間には在住地のケベック州でもステージに立つなど精力的に活動しています。

日本での活動

モングレインは2007年5月4日にNHK BS-2で放映された「世界音楽遺産」の収録でゴンチチの取材を受けました。独特の音響効果がある聖ヨセフ礼拝堂やモントリオールの街中で撮影を行い、約20分の特集として放映されました。同年12月には、NHKの番組での縁もあってか、横浜みなとみらいホールでのゴンチチのライブにゲストとして参加するため初来日を果たしました。滞在中にはライブハウスプリズン東京やタワーレコード新宿・渋谷店でもライブを行い、好評を得ました。2009年には待望のセカンドアルバム「EQUILIBRIUM」がリリースされ、日本盤限定で演奏シーンのDVDも付けられました。

謙虚なギタリスト

彼の動画を最初に見たときの衝撃は未だに忘れられません。その技というか弾き方が特殊すぎて「なんだこれは!」と声に出してしまったほどです。そして動画を見ていくうちにその音楽の美しさや力強さの虜になっていました。そんな時に放送されたゴンチチの番組「世界音楽遺産」では、彼のシャイで謙虚な人柄にもとても魅力を感じ、益々好きになってしまいました。彼の目的は有名になることではなく、ただただ音楽を愛していて、いろんな人に演奏を聞いてもらいたいという思いからYouTubeに投稿しているというところも好感度が高いですね。カバー曲だけでなく、彼のオリジナル曲もとても素晴らしいです。彼の優しい人柄が滲み出た楽曲や音楽に対する情熱があふれ出ている楽曲など、それぞれに個性があって素敵です。彼の動画を見ていると、言葉の壁を越えて楽しめる音楽ってやっぱりいいなーと思わされます。

話題の動画

インプラント 熊本の審美インプラント歯周病センターではホームページにて審美インプラントや矯正治療の症例の紹介をしております。インプラント治療をご検討中でしたらぜひご覧ください。