ゴンチチについて。

ゴンチチは、ゴンザレス三上とチチ松村の二人によるアコースティックギターデュオです。二人が創りだすシンプルで優しいメロディーは、様々なシュチュエーションに自然にマッチし、TVやラジオ、映画音楽など様々な場所で聴くことが出来ます。また、音楽だけに留まらず、ラジオのパーソナリティやエッセイの執筆など幅広い活動を行っているアーティストでもあります。

メンバー

  • ゴンザレス三上・・・リードギター担当。本名:三上雅彦。1953年12月30日生まれ。大阪府出身。
  • チチ松村・・・サイドギター担当。本名:松村正秀。1954年9月6日生まれ。大阪府出身。

来歴

ゴンチチの結成は、1978年でした。その頃三上は、就職前に喫茶店でギター教室を開き、自宅でギターの多重録音をしていて、喫茶店のマスターにライブハウスでフォークシンガーをしていた松村のデモテープを聞かされたのが最初の出逢いでした。その後、喫茶店に出入りしていた松村の友達が、三上を松村の家に連れてきてそこで二人でギターを弾いたところ非常に相性がよく、すぐに意気投合したのだそうです。その時に弾いた曲が後年アルバム「Black Ant's Life」に収録された「My Favorite Things」でした。また、三上にギターを習っていた佐脇章太は後にゴンチチのマネージャーとなっています。1983年、アルバム「ANOTHER MOOD」でデビューを果たします。このアルバムのレコーディングの際、予算がなかったため、たまたま安く借りられた松下電器のスタジオで、当時日本に2台しかなかったデジタルシンセサイザー・サンプラーである「フェアライトCMI」を使用してギター以外の演奏に充てました。これにより、アコースティック・ギターとデジタルサウンドの組み合わせというゴンチチの大きな特徴が生まれたのです。また、この時フェアライトCMIのプログラマーを担当した松浦雅也がその後も多くの曲のアレンジを担当し、その関係はアルバム「Gravity Loves Time」まで続きました。1988年にアメリカで「Sunday Market」が発売されて以降、アメリカでも人気を博しました。しかし「KIT」以降は担当者が替わったためアメリカでのリリースはストップしています。ゴンチチの二人はミュージシャンとして暮らせるようになってからも、長らくサラリーマンとして仕事を持つ「兼業ミュージシャン」でした。三上は電電公社の総務担当として関東と関西を行き来し、松村は大阪ガス社員を経て、画材店に営業マンとして勤務していました。2人とも現在は退社して、専業ミュージシャンになりましたが、三上は1990年代の前半まで、サントリーホールやハワイのワイキキでコンサートを行って評判になっていた頃も、平日は普通に会社勤めをしていたほどでした。また、二人ともサラリーマンとの兼業はさほど苦痛ではなかったそうで、かえってメリハリがつき、音楽活動の際のテンションがあがってよかったと述べています。1991年に、以前からゴンチチのファンであった竹中直人に依頼され、映画「無能の人」の音楽を担当した際には、日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞しました。以来、映画をはじめテレビドラマやアニメ、ドキュメンタリーなどのサウンドトラックを担当することも少なくありません。特に是枝裕和監督作品のサントラは3作品を数えます。ベストアルバム「Best of Gontiti WORKS」を最後にエピックからポニーキャニオンに移籍していますが、その後も「image」シリーズやそのライブに参加し、癒し系として人気を高めています。

楽器と演奏スタイル

ゴンザレス三上はナイロン弦ギター(クラッシックギター、ガットギター)によるリードギターを担当、チチ松村がスチール弦ギター(フォークギター)によるサイドギターを担当しています。レコーディングでは生音をマイクで拾うことが多く、ライブ演奏ではオベーションのエレアコを使用してライン音をアンプで大きく増幅した音を使うのが定番となっています。近年ではPAを使用せずコンサート会場の反響のみを利用してギターの生音を聴かせるライブも頻繁に行っています。三上は12弦ギターやエレキギター、ソプラノギター、6弦ウクレレなども使用し、松村は8弦ウクレレを使用することもあります。基本的に二人とも椅子に座って並んでギターを弾きます。松村が向かって右、三上が向かって左というのが定位置です。また、衣装はほとんどの場合スーツです。演奏中は二人とも足でリズムを取りますが、三上はつま先を軸にするのに対して村松は踵を軸にして動かします。このようなスタイリッシュさも売りになっています。ナイロン弦ギターは一般的に指弾きをするものですが、三上はピックを使ってダイナミックに演奏します。このため、ナイロン弦ギターの一般的な印象とは違う、明るくリズム感の強いサウンドを生み出しています。一方松村は、スチール弦ギターを指弾きし、独特の心地よいリズムを生み出しています。ほとんどの曲がインストゥルメンタルであり、歌詞つきの曲の場合、歌はもともとフォークソングの弾き語りをしていた松村が担当します。ライブにおけるバックバンド編成はその時々で大きく変化します。ドラム、ベース、キーボードといった典型的ロックバンド流の編成のときもあれば、ストリングスのみを従えることもあります。リズムセクションの中心は梯郁夫、越智兄弟によるパーカッションのことが多いです。また、東京スカパラダイスオーケストラのホーンセクションと協演することもあります。

ディスコグラフィー

アルバム

  • 1983年「ANOTHERMOOD」
  • 1984年「脇役であるともしらずに」
  • 1985年「PHYSICS」
  • 1986年「SUNDAY MARKET」
  • 1986年「冬の日本人」
  • 1987年「マダムQの遺産」
  • 1988年「Yellow Tornade」
  • 1988年「Twinkle Garden」
  • 1988年「In the Garden」
  • 1989年「Spirit of Gontiti」
  • 1989年「Body of Gontiti」
  • 1990年「Devonian Boys」
  • 1990年「ANOTHER MOOD+脇役であるとも知らずに」
  • 1990年「Fingering Christmas」
  • 1991年「KIT」
  • 1992年「Gravity Loves Time」
  • 1994年「VACANCES」
  • 1995年「Black Ant's Life」
  • 1996年「LIVE」
  • 1996年「EASY BUSY」
  • 1997年「DUO」
  • 1998年「Strings with Gontiti」
  • 1999年「Red Box」
  • 2000年「Best of Gontiti Works」
  • 2001年「GUITARS」
  • 2001年「南国音楽 Resort Music Series」
  • 2002年「made in Ukulele」
  • 2002年「gontiti best」
  • 2002年「A Magic Wand of "Standards"」
  • 2003年「Gontiti Recommends Gontiti」
  • 2003年「gontiti 25th Anniversary CD」
  • 2004年「XO」
  • 2006年「我流一筋」
  • 2007年「gontitiスーパーベスト2001-2006」
  • 2007年「Online Limited 1」
  • 2008年「VSOD」
  • 2009年「LIVE At Shirakawa Hall '09(Online Limited 2)」
  • 2010年「Merry Christmas with GONTITI~best selection of christmas songs~」
  • 2011年「humble music」

シングル

  • 1985年「チョコレート粉砕工場」
  • 1986年「ココナッツ・バスケット」
  • 1987年「大陸風に向かって」
  • 1990年「Tiny Lips」
  • 1990年「風の国」
  • 1990年「Cool Comedy」
  • 1992年「漁夫の利」
  • 1995年「北海道は、どこにある?ここにある!」
  • 1995年「はじめてのシャンプー」
  • 1996年「Somewhere Before」

サントラ

  • 1991年「無能の人」
  • 1993年「日曜はダメよ」
  • 1993年「ぼのぼの」
  • 1997年「世界悠々父なる大河、ライン」
  • 2002年「ヨコハマ買い出し紀行 ベスト・サウンドトラックス」
  • 2004年「誰も知らない」
  • 2005年「おとなの夏休み」
  • 2008年「歩いても 歩いても」
  • 2012年「ゴーイング マイ ホーム」
  • 2013年「俺はまだ本気出してないだけ 本気音楽集」

一日中聴いていたい音楽

ゴンチチの音楽は、一日のどんな場面にも自然に溶け込んでくるような優しさがあります。朝起きてコーヒーを飲みながらゴンチチを聴いて朝ごはんを食べる。すごく優雅な朝ですね。それから出勤したらきっと仕事の効率も上がるだろうと思うのですが、現実は厳しく、ギリギリまで寝ていたい私には音楽を聴く時間なんて残されておらず、パンを牛乳で押し込んで出勤する毎日です。仕方なく通勤中の満員電車で聴いていますが、そんなシチュエーションでもゴンチチは染みます。晴れの日でも雨の日でも合う曲があるのがゴンチチのすごいところだと思います。

話題の動画

単身向け物件!浦和での土地ファミリー向け物件も数多く揃えています!
種シューズを生産しているバス・コーポレーション クロールバリエを主体として各種シューズの生産に従事しています。 日常的に使えて、更にお洒落で足元を光らせる最新ファッションを行くシューズをお買い求めになりたい方はどうぞ公式オンラインショップへ!